金八みかん

かどやの「みかんはちみつ」を作ってくれている和歌山有田の養蜂家の方が、野山の花から採取した蜂蜜です。

「みかんはちみつ」はみかん花の純度にこだわって作っていますが、この「山の蜜」は逆。
沢山の種類の山の花蜜が入るよう、日本有数の山花の蜜源である島根、鳥取の山間部に移動し採取しています。

味の特徴も「みかんはちみつ」と対照的です。
栗、ハゼなど沢山の種類の花の蜜が混合された蜂蜜なので、甘さ、渋味、香ばしさなど様々な味が混じり合って深み、コクのある味です。
花の割合によって年ごとに味が異なるのも特長です。

パッケージは熊が大好きな蜂蜜に抱きついているデザイン。
熊は山の神様、象徴でもあり、山の恵みを頂く印象も受けます。

実際、養蜂家の方は山の蜜の採取地で何度か熊に遭遇したり、蜂蜜をとられたことがあるそう。
特に栗の蜜はミネラルが豊富なので熊の大好物です。

「熊が出るような所は危ないから場所を移った方が」と言うと
「だって熊が出るような所やから、良い山の蜜が取れるんやもん。」とおっしゃっていました。

ナッツやハードなパン、ゴルゴンゾーラなど塩気、香ばしさを持つ食材と相性が抜群です。
後ろ姿も、上から見ても、横になっても、とってもかわいくプレゼントにも喜んでいただけると思います!